建物逍遥

人々の記憶と歳月のしみ込んだ建物のアーカイヴズ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
鶴岡カトリック教会天主堂
鶴岡カトリック教会天主堂
JUGEMテーマ:写真

鶴岡カトリック教会天主堂

 1903年(明治36年築。木造一部中2階建て、桟瓦・亜鉛鉄板葺き。下見板張り。フランス人宣教師ダリベル神父が計画しフランス人宣教師パピノ神父の設計。

 細く高い鐘楼のロマネスク様式の教会堂。ロンバルト帯の半円の連続模様が壁を取り巻く。バジリカ型三廊式で高さ23・7メートル。この様式では東北最古のものとなる。ステンドガラスの代わりに用いられている窓絵は透明な紙に描かれた聖画を2枚のガラスではさんで貼っている。

国重要文化財
鶴岡市馬場町

鶴岡カトリック教会司祭館
鶴岡カトリック教会司祭館

 1914年(大正3年)築。木造2階建て。瓦葺き、下見板張りで外観は天主堂と調和が取れている。

| 山形県鶴岡市 | 20:01 | - | -
蝉しぐれオープンセット
蝉しぐれオープンセット
JUGEMテーマ:写真


蝉しぐれオープンセット

 2003年築。黒土三男監督、藤沢周平原作の映画「蝉しぐれ」撮影のため農地を整備して5棟建てられた。茅葺き、板、土塀の木造平屋建て。総工費は1億円という。水田や柿園地などに囲まれた中にあり、藤沢の小説に出てくる金峰山が近くに見える。

 製作会社の映画封切りまで保存したい意向と地元の庄内ロケ支援実行委員会の希望が一致して解体を免れ2005年6月から一般公開された。建設地は農地の一時転用により使用許可が出たため最長でも3年の命だった。06年9月の解体が現実になってきたとき、保存の声が高まり、寄贈され所有権を持っていた鶴岡市から製作会社に戻され、近くに移設して存続を実現させた。

 時代劇のオープンセットとして活用できるよう庄内映画村として整備された。
 
鶴岡市羽黒町松ヶ岡

| 山形県鶴岡市 | 20:10 | - | -
旧致道館講堂
旧致道館講堂

旧致道館講堂

 木造平屋建て瓦葺き。ほかに聖廟、御入間、表御門、西御門、東御門が残る。
 致道館は庄内藩9代藩主境忠徳(ただあり)が藩の財政再建と気風の刷新を図り、藩政を立て直すため、1805年(文化2年)、現日吉町の大宝寺に創設された藩校。1816年(文化13年)、第10代忠器(ただかた)が三の曲輪十日町口の現在地に移転。現在は頭の半分以下の約70アールが残されている。

 明治以後は県庁舎、警察署、学校などに活用された。

鶴岡市馬場町
国史跡
| 山形県鶴岡市 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0)
鶴岡ホテル
鶴岡ホテル

鶴岡ホテル

 明治年間築。木造3階建て。呉服屋を開業したが、出入りの商人が寝泊まりするうちに旅館になり、2代目が明治末期に現在の建物を建て鶴岡ホテルを開業した。

 大正6年には、遊説に来た政友会総裁・原敬も鶴岡ホテルに投宿している。原の詠んだ句の碑が市内に建立されている。戦時中は学童疎開の場所にも使われた。
 終戦後の進駐軍駐留時、食事に来る米兵のため、食堂を洋式に改築し、現在もそのまま使われている。

鶴岡市本町2丁目
| 山形県鶴岡市 | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0)
酒田国体記念館
酒田国体記念体育館

酒田国体記念体育館

 鉄筋コンクリート2階建て。延べ床面積8842平方メートル。1991年6月竣工。住宅都市整備公団。建築業協会賞・BCS賞

山形県酒田市
| 山形県酒田市 | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0)
旧料亭木幡
旧料亭木幡

旧料亭木幡


日本家屋と洋建築から成る。日本家屋は木造2階建て、洋館は木造3階建て。
設計施工は不詳。昭和1年(1926年)築。

酒田市日吉町
| 山形県酒田市 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0)
日本基督教団酒田教会
日本基督教団酒田教会

日本基督教団酒田教会

1924年竣工。池田徳次設計・施工。木造3階建て下見板張り。
教会附属の双葉幼稚園と託児園を開設。

酒田市日吉町1-1-13
| 山形県酒田市 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0)
六角木造灯台(宮野浦灯台)
木造六角灯台

六角木造灯台(宮野浦灯台)

1895年(明治28年)10月20日、最上川河口左岸に建てられた。酒田出身の大工棟梁佐藤泰太郎(1861〜1931)が手がけた。木造で白塗りの外壁。国内最古級(2番目説あり)の洋式木造灯台。

 1923年に大浜に移転。老朽化により高砂に2代目が建てられた折、市民の要望により、1958年、日和山公園内に移築された。

 佐藤は酒田市内に数多くの著名建築物を建て、現在は山王くらぶ、相馬楼なども残る。

酒田市指定文化財
酒田市日吉町南新 日和山公園
| 山形県酒田市 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0)
松ヶ岡開墾地建物群
松ヶ岡開墾地建物群

松ヶ岡開墾地建物群

松ヶ岡開墾地は、1872年(明治5年)、旧庄内藩士3000人が開いた広大な畑地の一帯。戊辰戦争で破れた庄内藩主酒井忠篤は謹慎処分を受け、弟忠宝が家督を相続。庄内復帰し、新たに興した大泉藩を中老菅実秀の発案で、大規模な養蚕製糸事業を創設し桑畑造成の成果が松ヶ岡開墾となった。

 1874年までには311ヘクタールの桑畑を造成、1975年に4棟、1876年に6棟の大蚕室が建設された。5棟が創建当時の容姿を伝えている。設計施工は後に横浜で西洋建築を学んだ地元の棟梁高橋兼吉上州島村の田島家の蚕室(上州島村式)模し上州島村式と呼ばれている。

 現在、1番蚕室は松ヶ岡開墾記念館に活用。4番蚕室は庄内農具館に、3晩蚕室は蝉しぐれ記念館に、などと活用されている。

国史跡
鶴岡市羽黒町大字猪俣新田字松ヶ岡
| 山形県鶴岡市 | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0)
旧鶴岡警察署庁舎
旧鶴岡警察署庁舎

旧鶴岡警察署庁舎

 1884年(明治17年)築。地元の大工棟梁高橋兼吉の設計。木造2階建てのルネッサンス様式を採り入れた擬洋風建築。下見板張りの外壁に赤瓦葺き屋根。縦長窓やバルコニーを持ちながら、入り母屋造りとなっている。馬場町に建てられ、1957年に現在地に移築。延べ床面積378平方メートル。

 高橋謙吉は庄内藩主酒井家のお抱え棟梁で、横浜で洋風建築を学んだ。

県指定有形文化財
鶴岡市家中新町
| 山形県鶴岡市 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE